TOP
最新情報
作品情報
予告編
監督メッセージ
コメント
劇場情報
リドリー・スコット
(製作総指揮)
本作の製作総指揮に名乗りを上げた経緯を教えてください

テッド・ノイのような複雑なキャラクターに心惹かれるからです。
彼は、何もないところから出発し、ビジネスの手腕と家族全員の勤勉さで、アメリカンドリームを成し遂げた人物です。
この作品は、我々が生きるこの時代に重要な意味を持つ映画と言えます。
難民がチャンスを得たとき、何が起こるのかをこの映画は示してくれるのです。

映画をこれから観る日本の観客へメッセージをお願い致します

本作は、アメリカへ渡り、何もないところから数百万ドルもの資産を築き上げたカンボジア難民テッド・ノイの物語です。
幾多の困難を乗り越え驚異的な成功を収めた複雑な人物について多くのことを学べる美しく多層的な映画であり、
またそのアメリカンドリームは彼個人だけではなく家族全員が犠牲となって成し遂げられたという訓話でもあります。
今こそ、この物語が語られるべき重要な時期なのです。

町山智浩
(映画評論家)
ポルポトの虐殺から逃れ、難民としてアメリカに渡り、無一文からドーナツ王へとのし上がり、 故国の同胞を救うカンボジアのシンドラーになるが……1分先が予想つかないジェットコースター人生! 抜群の面白さ!
藤沢宏光
ミサキドーナツ
知らなかった、アメリカのドーナツ史!
幾多の苦難を乗り越えて、他人の何倍も働いてきた人たちの願いがこもったドーナツが、家族や友人、そして世界中の笑顔になりました。すべてを許してすべてに感謝することで未来は開け、泣き顔もいつかは笑顔になることをドーナツキングが僕に教えてくれました。

町に1軒のドーナツ店も無い時代に、フライパンで揚げてバサっと白糖をまぶした母の作った不揃いなドーナツが最高のおやつでした。あれから何十年後に故郷から遠く離れた港町でドーナツ店を開業し、ひとつひとつのドーナツにはさまざまな願いが込められていることを思うと泣けてきます。

好きなドーナツ:レモンクリームチーズドーナツ(ミサキドーナツ